サリー・ウォードは中古より新品がお得です

結局のところ!色々と書かれていても!肝心なことは数点なのだと思いました。すると、すぐに目に見えた変化が出てきて、ちょっとですが、言葉を発しようとする意欲が出てきた気がします。わが子にはたくさん語りかけてきましたが、この本を知ったのは1歳3ヶ月のとき。

イマが買い時!

2017年04月19日 ランキング上位商品↑

サリー・ウォード「語りかけ」育児 [ サリー・ウォード ]

詳しくはこちら b y 楽 天

読むという点では!大変かもしれませんが!記載している内容は!素直に受け止めれば!なるほど!と思うような点が多く!結構!勉強になります。同じように聴力や知能に問題がないのに、言葉の遅れに悩むお母さんがうちの周りにもいます。しかし、月齢別に別れているので、該当する時期に読めばよいので気負いせず読んでいけそうです!何か成果があるのいいなー!子供の言葉の早い・遅いは親として心配です。しかし、初めて育児をされるお母さん方には、役立つアドバイスが多く、一家に一冊あると良いと思います。ただどれも部分的な内容ばかりで!これだけ全ての面(体と心!言葉など)での対応をわかりやすく!まとめて書いてくれてあるものは読んだことがなかったので!読んでよかったと思います。ただ2人を育児しているとなかなか子どもと2人きりの時間を30分というのが難しいのが問題ですが・・・。一生懸命話しかけて!大事に育てていても言葉や行動の早い遅いはあると思います。ただ個人的には!「二人の時間を持つときの禁止事項」の内容がとてもためになりました。わかりきったことでも!本にして文章にされることで改めて確認できるという利点はありますが!新たな知識が得られるわけではないので役立ったとは言いがたいです。中身ですが、届いて本を見てびっくり!こんなに分厚い本読めないんじゃないか、しかも重いよ(^_^;)と正直思いました。2人目は1ヶ月。商品は購入後翌日に届き!びっくりしました♪ありがとうございます!購入にいたった経緯は!一人目が言葉が遅く!自分のせいなのではないか!何かできることがあったかもしれないのにしてやれなかったと思っていたところこちらを見つけ!レビューも良かったから試しに購入してみました。他のレビューで「既に他の育児書で読んだ内容が沢山」と書いてらっしゃる方がいますが!確かにベビートークについて書いた本は沢山あるので!「やること」の内容だけ見たら同じ内容が沢山です。この本を読んでまだ数週間ですが!言われた通りの内容で毎日娘と30分は二人きりの時間を持ったところ!最近の悩みの種だった友達の髪を引っ張るなどの問題行動がピタリとおさまりました。(実はこの禁止事項の半分くらいを私はやってました)これは他の育児書で「やってはいけない」と読んだことがなかったので、目から鱗でした。。1歳児は自我も出てきて大変ですし!0歳の時か妊娠中に語りかけの知識として読むのをおすすめしたいです。友達の子が!かなり早くから大人の言うことを理解し!言葉も早かったからです。1日中一緒に過ごせる時間って短いです。喃語は早くからしゃべっていたのに意味のある言葉がなかなかでなくて焦っていました。翌日には届きましたし、送料も無料なので、これから本も楽天で購入できたらと思います。私は自己流で語りかけをしてきましたがやはり他の子より発語が早くびっくりされます。翻訳本なので分かりづらいかもと不安でしたが!上手に翻訳されており読みやすいので!問題ありません。月齢にあわせたオススメ絵本やおもちゃ(手作りもできる)も紹介されていて参考になります。ある程度読んだところで、わかりきったことしか書かれていないという印象を受けましたので、途中からはかなり飛ばし読みしました。そんな方には是非オススメします。でもこの本があればもっと子供の発語を増やしてあげれる気がします。子供の発語は増えました。0歳からの遊びのポイントや!語りかけるときの注意事項!月齢に合ったお勧めの絵本が書かれてあります。内容は非常にためになることが多いですが!月齢別で書かれているだけあって!内容が被っていることが多いです。私もへこんだ事もありますが、その時その歳の可愛い時期を目一杯楽しむ事にしました。初めての子育てで、人気の高いこの本を読みたかったのですが、近所の本屋にはなくて注文しました。この内容でこの値段は高いです。私も育児を楽しもうと思えた1冊です。読んでみて最初に思ったことは、外国の赤ちゃんは日本の赤ちゃんよりも発達が早いという事です。細かく月齢別に区切られていてそれぞれ語りかけの仕方や遊び方など書いてあっていい本だと思います。具体的な「語りかけ」の方法が、月齢別に書かれていて、分かりやすいです。目安程度に割り切れる方には充実した内容の本だと思います。(図書館で1度読んでから・・・)あー、生まれたときからやっておけば良かったと思いました!毎日30分、意味ある関わりを始めてます。特に年齢ごとの記載だったのが助かりました。私ども夫婦にとっては、赤ちゃんの行動を理解したい気持ちがいっぱいですのでよかったです。これから参考にしたいと思います。ものすごくためになります。2歳まで様子をみましょうと言われたけど!何もせずにはいられず何かいい本はないかと探していたところ!同じようなレビューを見つけ!購入してみました。肝心のこの本の効果ですが、この本を参考にして2週間たった今、息子は少しずつではありますが、言葉の成長が加速しているように感じます。また!かなり詳しい内容です。語りかけていたつもりでしたが!ただ私の独り言を娘にしゃべっていただけだったと。批評に低得点の方々もいましたが!高得点の方々もたくさんいたため!意識のある方が見る分には!得るものがあるのではないかと思い購入しました。あとは実際に作者が関わった子供たちの様子や変化についても少しずつ書かれてあり、勇気が持てるような内容でした。息子が生後8ヶ月の頃知り合ったママ友が子供にどういう風に接したらいいかで悩んでいたのでこの本をすすめたら、「子供と接するのが楽しくなってきたし、子供も自分を見る目が変わってイキイキしてきた」と、とても喜んでいました。2歳になった子供の言葉の遅さが気になり、購入してみました。早期教育というのではなく!日常の中でちょっとしたヒントをくれる本なので日々の育児をより楽しめるのではと思います。また各年齢で何ができるようになるかも書いてあるので!それを見ながら「うちの娘はまだこれが出来ていないから!この年齢の対処法もやってみよう」と過去に遡っての対処もできるので!発育が遅く悩んでいる私にはとても心強かったです。レビューの評価が高かったので購入しました。1人目が生まれる前から買ってしっかりと読んでおけばよかったです。祖父母を含め8人家族の我が家は、言葉を習得するには賑やか過ぎると気が付き、とにかく上の子たちがいない静かな時間にしっかり絵本を読んであげたりするようにしました。1歳7ヶ月の子が生後4ヶ月のとき!友達からすすめられて買いました。1人目は2歳4ヶ月。今になると!友達の子がそういう個性だったというだけですべてのお子さん(うちの子も含め)に当てはまるとは思いませんが!子供が生後まもない赤ちゃんの頃!どういう風に子供とかかわっていったらいいか!どんな環境で育てたらいいか!そういうヒントがたくさんつまった本で私はとても参考になっています。この価格で長い時期活用できる1冊ですし、本自体が厚みがあってしっかりしています。一瞬読んでいて落ち込みましたが!周りの同い年の子供たちを見ていると!国によっても少し違いがあるのかな?と思い直しました。確かに分厚い本なので、育児の合間に読めるか不安になりましたが、該当する年齢のところまでとりあえず読めばいいのでそれほど時間は掛かりません。「語りかけ」に関する本を何冊か持っていますが、一番詳しく書かれており、他の本に書かれていることはほぼこの本にも描かれていたのでう、これ一冊だけでよかったような気がしました。・・・と言う前に、ふと子供との関わりがこれでいいのかな?とも思うところがあって、子供は2歳になりましたが購入しました。分厚いわりに内容が薄いです。子供のためにできることはないかといろいろな本をみていたところ、レビューがよいので買ってみました。私には大変ためになりました。娘が1歳4ヶ月の頃に購入。妊娠中から読んどけば良かったと思います。私のようにベビートークについての専門育児書を初めて読み実践しようとする方にはお勧めします。細かく月齢ごとに書かれているところがわかりやすかったです。これからお子さんを出産されるかたや0歳のお子様をお持ちのママにおすすめです。娘は発達が遅く、これまでもいろんな育児書に書いてあることを少しずつ実践はしてきました。三男坊が1歳6ヶ月健診で言葉の発達の遅れを指摘されました。結構ぶ厚くボリュームのある本なので、育児に忙しくされているママにとっては、書店で実際に本を手にとってみると、買うのを辞めてしまいそうな感じもありますが、内容は月齢を数ヶ月単位で区切って書かれてありますので、全てを一気に読む必要がない分、使い勝手が良いと思います。(それが本の影響なのか!成長過程によるものなのかは定かではありませんが!実施した日の夜から変化があったように思います)内容的にはとても良いと思いますが!何ヶ月で何が出来るというのは本当に個人差があるので!気にしやすい方にはあまりオススメは出来ないです。それから意識して「短く」「何回も」「はっきりと」娘が興味を持った物を指差しながら語りかけるようにしたら、1歳7ヶ月の時に突然単語をたくさん話すようになり、2歳過ぎた今、まだ遅めではありますが2語文を話します。この本を読んで納得。