34%以上の方が「追加」注文?!ドクターが安い店♪母ちゃん

育児をしている全ての人にオススメの一冊だと思います。私もフルタイムで働く男の子2人のママです。子育てってすごく大変なのに!誰も褒めてくれないし!できて当たり前って感じの扱いだな…と常々感じていました。

いまオススメの商品!

2017年04月19日 ランキング上位商品↑

母ちゃん ドクター子育て奮闘中の母ちゃんドクターが書いた 「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉 [ 須藤 暁子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

毎日余裕がなくて急がせてばかり。また!子どもの看病とは言え!男が毎月1〜2日も仕事を休むのはとても言い出し辛く!自分でもこれでいいのかとものすごく悩みます。子供はいないのですが、先生が書いたのだから、人としてためになる本にちがいないと思い即購入しました!届くのが楽しみです!妻も私も涙が出ました。もうお兄ちゃんの風邪をもらわないように注意して。暇を見つけてサクサクと読めます。宝物にしたい本。友人がシェアしていた先生のコラムからブログを読み始め、今では夫婦でブログの大ファンです。自分でも気づかないうちに肩に力が入っていたんだと気付くことができました。つらくなった時!悩みだした時!先生の言葉を思い出してます。保育所に連れて行く担当の私にとって、周りのママたちと同じく、朝は時間との戦いであり自分との戦いです。息子がぐずって仕事に遅刻しそうになると!焦りと苛立ちでいっぱいになります。この時間に絶対寝た方がいいのに!と思いながら☆まさに読むおくすり。これから読まれる方は!おうちで一人のときに読むことをお勧めします。妻が翌朝・夕のご飯を作る間に私が洗濯と翌日の保育所の用意をする。私は子育てで!これまでの人生で最高クラスに悩みもがいてるので!この本を読んで何だかホッとしました。いつも持ち歩いて、ちょっとしたとき、何度も読み返しています。』と!先生から言われました。私には!息子(5才)と娘(2才)がいます。もともと、須藤先生の大ファンで、ブログを愛読させていただいており、本を出されるということで、予約購入させていただきました。いつもブログを読んでたので購入。とっても、とっても、いい本に出逢えました。男の子ママや仕事中でなくても子育て中のママなら共感できると思います。どーして普通にできないの…ちゃんとしてよ…みんなは普通に出来るのに…どーして?どーして?どーして?そんな風に思っては、私の思う普通の枠にギューギュー押し込めていた。。通勤の電車で読み始めてしまったので、泣かないように我慢するのが辛かったです。子育てしてる方ならきっと共感できる。息子のためになっていないかもしれない…ダメな親って思われたくない…そんな自分の気持ちに気づいていないふりをして、いつでも良い子でいてって…。息子の隣で読んでいたので!涙を堪えるのに必死でした。私自身!もう何時間寝ていないのか分からなくなっています。読むのをとても楽しみにしていました。この言葉で私は壊れ始め、兄妹を一緒に遊ばせることが出来なくなってしまいました。いつも欲張りで泣き虫でいろんな事でモヤモヤと悩んでる私にぴったりでした。我が家には2歳になる息子がおり、家事育児は夫婦半々くらいでこなしています。私が保育所へ連れて行き!妻が迎えに行く。本を読みながらくすりと笑ったり、涙と鼻水流しながら読んだり。家庭によって状況が違いますし!男の子パパですが!それでも読んでいて笑えたり苦しくなったりはっとしたり!いろんな感情を経て!読み終えると何となくホッとする!心地よい本でした。そして読むお薬になります。どんな形であれ子供達を生かすことが母ちゃんの仕事。私にとっては1番つらい時なのに、心がフワッと軽くなり、自分は幸せなんだってことを思い出させてくれました。時々出てくる群馬弁が同じく群馬出身の私の心をくすぐりました!笑1年ほど前からブログを拝見している須藤暁子さんの書籍。私は看護師、夫は医者です。須藤先生が!等身大で!大丈夫だよーみんなそんなもんだよーって言ってくれているような気がして勇気付けられます。育児本は何冊か買いましたが!この本は本当に今の自分が言ってもらいたいと思っている言葉がたくさん書かれていて!読んで心が軽くなりました。すべてが当てはまるわけではありませんが!悩み事が多い方にはおすすめです。しかも3日前から娘の体調が悪くなり、夜はほとんど寝ていない状況です。ありがとうございます。夫に対する考え方を変えてくれました。息子が生まれて3ヶ月の時に!私の父が亡くなり!人間てこんなに簡単に死んでしまうんだってことを知りました。娘が生まれて1ヶ月の頃、幼稚園に通い始めたばかりの兄から風邪がうつってしまい、小児科を受診したら『昔だったら死んでいてもおかしくない。子供を授かれたというのは本当に奇跡で、ありがたいことなのですが、いっぱいいっぱいになってしまって、子供に対しての接し方、夫への接し方など、反省することも多い毎日。でも!この本を読んで!私だけじゃないんだって思えて!この子はその子じゃないんだって思えて肩の力が抜けました。もう少し肩の力を抜いて、子ども達のためにも、笑顔の似合うお母さんになりたいです。そんな中で!この本を読みました。保育所での別れ際に毎日泣きじゃくる息子を見ると!とても申し訳ない気持ちになります。休日だって平日こなせないあれこれを遂行するために急がせて、イライラして、怒って…一緒に遊んでいてもいつも頭の片隅には家事のこと…。ただし泣いてしまうから一人の時に読むのがいいかな。いつ起きるか分からない娘に怯えながら?暗い部屋の中、防災用のLEDランタンをつけてまで。ただただ「ありがとう」と思えました。面白いエピソードでも笑わせてもらいました。育児書という堅苦しさはないのでとてもおすすめです。冷静沈着で頭がキレるイメージのお医者さんだって、こんなに格闘して感情爆発してるんだなぁ、と。私が風呂に入れている間に妻が食器を洗う。3歳1歳の二人の子持ちワーママです。息子が熱を出した時など、仕事を休んでの看病も日替りで担当します。本当にありがたい本です。そんな感じの毎日です。先生にも息子達にもパパにも…。子育て中のお母さんは本当に大変!私たち頑張ってるよね!と、心強く感じた本です。自分の子どもを死なせずに守り育てること、そんな誰もが当たり前にできると思っていたことが、私の中で、当たり前のことではなくなった瞬間でした。そう思えると悩んでる事!ふっとんでしまいます。子どもが体調をくずさないよう極度に神経質になり、でも完全に防げるはずもなく、もはや普通に生活することさえ難しくなり、今は心療内科に通っています。